《大賞》受賞作品は賞金300万円とコミカライズを確約! 大リニューアルを果たした「第27回スニーカー大賞」の応募受付がスタート!

PR TIMES / 2020年7月1日 12時14分

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、ライトノベルの第一線で活躍する作家の発掘・育成を目的に主催する「スニーカー大賞」(主催:角川スニーカー文庫編集部)の大幅リニューアルを実施し、2020年7月1日(水)より第27回となる作品応募の受付を開始しました。

■「第27回スニーカー大賞」公式サイト: https://sneakerbunko.jp/award/



[画像: https://prtimes.jp/i/7006/7176/resize/d7006-7176-996744-0.png ]



 「スニーカー大賞」は1996年の創設以来、『涼宮ハルヒの憂鬱』(著/谷川 流・第8回《大賞》)、『魔装学園H×H』(著/久慈マサムネ・第18回《優秀賞》)をはじめとした多くのヒットタイトルが誕生、角川スニーカー文庫より刊行しており、それらはコミカライズ・アニメ化など、多くのメディアミックスを果たしています。

 この度の「第27回スニーカー大賞」より、激動するエンタテインメント業界のニーズに応えるべく、以下のリニューアルを実施します。

リニューアル内容

1.賞金額の変更・賞の新設
 《大賞》の賞金額を従来の200万円から300万円に変更。さらに、《優秀賞》を廃止し、《金賞》《銀賞》を新設。それぞれ、100万円・50万円を賞金額として設定します。

2.大賞作品のコミカライズを確約
 《大賞》受賞作品は、少年エース編集部・ドラゴンエイジ編集部のいずれかより、紙もしくはWEB媒体でのコミカライズを確約します。《大賞》受賞作品のメディアミックスを推進することで、作品認知を拡大し、未来のヒット作を創出します。

3.選考スケジュールの変更
 これまで年に一回だった応募作の選考を、半期一回選考・年一回受賞形式に変更します。これにより、従来以上にスピーディーな選考と、個人の執筆スタイルに合わせた投稿環境の提供を実現します。

4.「下剋上システム」の導入
 三次選考の落選者を対象に、読者投票による敗者復活戦「下剋上システム」を導入します。読者から一番支持を受けた作品は最終選考に復帰することができます。
※応募時に「下剋上システム」の利用を希望する作品応募者のみに対応

5.「BOOK☆WALKER」ライトノベルクーポンのプレゼント
 受賞者を除く二次選考通過者の全員に、電子書籍サイト「BOOK☆WALKER」でご利用いただける、ライトノベルが一冊無料となるクーポンをプレゼントいたします。

詳細情報

●賞
《大賞》=賞金300万円+コミカライズ確約
《金賞》=賞金100万円
《銀賞》=賞金50万円
《特別賞》=賞金10万円

●最終選考委員
春日部タケル:代表作『俺の脳内選択肢が学園ラブコメを全力で邪魔している』
長谷敏司:代表作『円環少女』『BEATLESS』
角川スニーカー文庫 編集長

●応募期間
前期:2020年7月1日(水)12:00~2020年12月31日(木)23:59
後期:2021年1月1日(金)00:00~2021年6月30日(水)23:59

応募方法の詳細は「第27回スニーカー大賞」公式サイトよりご確認ください。

「第27回スニーカー大賞」公式サイト
https://sneakerbunko.jp/award/

「角川スニーカー文庫」公式サイト
https://sneakerbunko.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング