たぁ坊のひとりごと。

クオリティ埼玉 / 2014年2月14日 0時9分

久しぶりに大雪が降りました。
翌日、近所では誰からともなく雪かきが始まりました。実は私、この近所の方との雪かきが大好きです。近所の男性たちが率先してやってくれるのですが、私も必ず参加します。普段あまり触れることのない雪にわくわくするのと同時にご近所さんと力を合わせることを楽しみたいからです。私が思うにこの気持ちは私だけではなく、その証拠に雪かきが出来ないおばぁちゃんたちも出てきます。自慢のお手製雪かきグッズを披露する方もいたり、車の雪を落とすグッズを即席で作って皆の車の雪を落としてあげる方もいます。笑い話などをしながら親睦を深め、雪かきが出来ない人のお家の分も皆でやります。嫌々ではありません。大好きな近所のおばあちゃんが滑らない様にやってあげたいからやるのです。おばぁちゃんも「ありがとう」と、嬉しい笑顔を見せてくれます。普段の関係が良いんだな・・・とつくづく思います。
2時間ほどで雪かきは終了しました。帰り際、出てきていた人が「なんかまだ帰りたくないわね」と寂しそうに言っていました。雪かきのチームワークが楽しかったのだと思いました。顔は寒かったのですが心の中はとても暖かくなりました。
皆で道端に寄せた雪はまだあります。眺めるたびに心は暖かです。

クオリティ埼玉

トピックスRSS

ランキング