戸田市長選挙 現役か、それとも?

クオリティ埼玉 / 2014年3月17日 13時45分

現職神保国男氏に対して元県議の峯岸氏が挑む。
峯岸氏は神保氏の後継者として県議会議員になった。
神保氏は「公平・公正・公開」を旗印に市民と行政のパートナーシップによる政治をすすめてきた。
峯岸氏は「真の公平・公正・公開を実現する市民の会」という後援組織で戦っている。
運動員は黄色いジャンバー。胸に「絆」の文字。
このいでたち、昨年行われたさいたま市長選挙の清水勇人市長陣営と似ている。
 
戸田市に移り住んで25年。
新住民の一人であるが、この選挙は頭に大きな疑問符だ。
戸田市は確実に躍進してきた。
市内各地で英国を思わせる庭「ガーデン」が美しさを競っている。埼京線の輸送力は大幅にアップし、教育環境は抜群。
選挙出馬は自由であるが、しかし、だ。
そして「絆」の文字。結果を注視したい。

クオリティ埼玉

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング