さようなら先生

クオリティ埼玉 / 2014年5月8日 9時0分

大好きな渡辺淳一先生が逝ってしまった。
「愛の流刑地」「失楽園」などでブームを起こしたが、私はすべての作品を読破した、根っからのファンだ。
 
講演会にもサイン会にも出かけたし、札幌にある記念館にも行った。
 
先生の作品には素敵な宿泊地が出てくるが、映画のロケ地となった宿にも泊まった。
 
婚外恋愛という言葉や、エアロール(それがどうしたの?)ドレサージュ(調教)といった言葉を学んだのも先生の本からだ。
 
小説だけではなく、洒脱なエッセイも魅力的だった。
お医者様から転身したこともあって、医療分野には専門的知識をちりばめた文章もあった。
「鈍感力」という本もたくさん売れた。
先生のエッセイから男性心理を学ぶこともできた。
 
黒木瞳さんや川島なお美さんのような華奢な女性が先生の好みのようでそこだけは大柄な私には「残念」な気持ちが強かった。
 
しかし、先生の新作をドキドキしながら本屋さんに買いにでかけページを開くことはもうできなくなってしまった。
本当に寂しい。合掌。
(浅間 潤子)
 

クオリティ埼玉

トピックスRSS

ランキング