日本維新の会と埼玉選出の代議士のゆくえ

クオリティ埼玉 / 2014年6月10日 16時37分

 分党なぞわからない。正しくは分裂だ。政党助成金が欲しいだけだ。石原慎太郎氏は当時の橋下人気を錯覚して、あわよくば総理を夢見たのかもしれない。そもそも橋下人気が頂点に達した時、賢い人達はその人気は夢の又夢と見抜いていた。特に保守派の論客達の視点は正しかった。
 第一は人物の軽薄さだ。今日言ったことは明日には消えている。大阪都構想なぞ全く非現実的だし、知事になったばかりに今度は市長になり、舌の根も乾かぬうちに市長の座を勝手に降りてまた市長の座につく。一体このような方をもちあげた著名な評論家や官僚OBはどのような責任をとるのだろう。もちろん、取りっこないのだが。  
 あげくのはて、別れても好きな人だとか、別れることは辛いけどと流行歌の一節でことを矮小化している石原老騏氏や橋下若朽氏は恥というものを知らなすぎるし、このくらい茶番を平気で演じることができる鉄面皮ドンキホーテはそんなにいるものではない。
 そして、今度は又、新党だ。野党再編はこれ又、夢にはじまって夢に終るだろう。もう政権交代の愚は民主党が国民の前に明らかにしてくれたのではないか。自民党は多分に日本の文化と伝統の味をじっくり煮込んだ政党だけに、そんなに交代されては困るのだ。
 但し、自民党が分裂するのならはなしは別になるというのが現実的なところだろう。埼玉選出の鈴木氏も坂本氏も根は自民党。ただ、公認がとれなかっただけだ。そういう人達がどうして自分の懐かしい古巣を壊すことが出来るのか。もっと国民に納得と説得ある姿を見せなければ、この人達にも失礼ながら明日は遠い。

クオリティ埼玉

トピックスRSS

ランキング