一杯の珈琲も浦和の文化~茶房コマ~

クオリティ埼玉 / 2014年9月16日 0時12分

シャンソンの流れる落ち着いた雰囲気の中で飲む一杯の珈琲。
店のドアを開けると、ゆったりとした空間と極上の珈琲の香りに包まれる。
椅子に座り一口珈琲を飲めば、そこは自分だけの世界。
茶房コマは、浦和の地で40年間変わらぬ味を守り続けている。
まさに浦和の文化そのもののようなシックな香りと味だ。
 
こだわりの珈琲は全部で8種類。 
サイフォンという気圧によって湯を移動する方法で抽出された珈琲は、コクがありながらも、後味がスッキリ。
コマ特製ブレンドは、ここでしか飲むことのできない味わいを楽しむことができる。
珈琲と一緒にお勧めの自家製ケーキは、全部が店主十志栄さんの手作り。
スイスのチョコレートを使用したほろ苦い大人のチョコレートケーキ、ラズベリージャムをサンドしたレアチーズケーキ、珈琲の風味のマーブルシフォン、木苺の甘酸っぱい香りのムース、赤ワインに漬け込んだイチジクのタルトなど。
オリジナリティにとんだケーキは、季節に合わせて店主十志栄さんが考案し、種類も豊富で気分に合わせて選ぶことができる。
ランチのサンドイッチやトーストのセットも、ボリュームたっぷりで値段も700円からととっても安価。
店内は、一人でゆっくりとくつろぐカウンター席、友達とおしゃべりをしながら楽しめるテーブル席。
奥にある6人から20人位まで入ることのできる広めのミーティングルームは無料で提供。
それぞれの客がニーズに合わせた選び方ができるも嬉しい。
 
お父様から受け継いだ店を休まず営業し続ける元気の源は、客の「美味しい」と「笑顔」だと店主十志栄さんはいう。
亡き父駒﨑氏の後を、娘の十志栄さんと母テイ子さんが二人三脚で営業。
店主十志栄さんとテイ子さんの明るい笑顔と柔和な対応に心が安らぐ。
茶房コマは都会の雑音から離れ、美味い珈琲を飲みながら自分だけの時間を楽しむ、そんな店だ。
                           (馬渕 凜子)

クオリティ埼玉

トピックスRSS

ランキング