覗き見                                   作・大畑ヨシオ

クオリティ埼玉 / 2014年11月11日 0時3分

犬を連れた散歩道の途中に
地域伝説がある小さな祠がある
あるとき格子戸から中を覗くと
三十センチくらいの阿弥陀像の立像が見えた
特に信仰はないのですが
タダ見では悪いと丸い穴から百円玉を落とした
お堂の床には既に
硬貨が幾つかあった
暗いお堂の中で阿弥陀像様は視線を伏せていたが
かすかに微笑んでいた
それからそこを通る度覗いたが
…何を見ているの? ヘンな趣味・・・
その間犬が不審そうに私を見ていた
ほの暗いお堂だったが
西日の明るいときは
黒ずんだ元金色の阿弥陀像が
浮かんでいるように見えた
何度目かの覗きの時だった
阿弥陀様が笑ったように見えた
阿弥陀様も向こうの世界から
時々私を覗いていたのだ
…十年前の私を
  二十年前の私を
   子供の頃の私を
    そして今の私を・・・

クオリティ埼玉

トピックスRSS

ランキング