夢の灯り                                    作・ 蝶々夫人

クオリティ埼玉 / 2014年10月30日 1時3分

別所沼の黄昏時を歩く
 
沼面はただただ静かに漂っている
深い木々の間より橙色の外燈が
穏やかな光を放ち
沼面にその光を映し
まるでおぼろ月夜の中にいるよう
 
この世の面倒なこと
厄介なことを遠くに放ち
無心で畔をゆっくりゆっくり
 
釣り人もなく
ウオーキングしている人影のみ
 
頬を通りすぎる秋風が心地よく
別世界を夢心地で歩く

クオリティ埼玉

トピックスRSS

ランキング