スタンリー・ジョンソンが完全フリーエージェントに

Rakuten NBA News / 2019年6月28日 10時8分

ペリカンズのスタンリー・ジョンソンが完全フリーエージェントになるようだ

4年前のNBAドラフトの1巡目全体8位でデトロイト・ピストンズに入団し、昨シーズン途中からはニューオリンズ・ペリカンズでプレーしたスタンリー・ジョンソンが、完全フリーエージェントになるようだ。

The Athleticのシャムス・シャラニア記者によると、ペリカンズは23歳のジョンソンにクオリファイング・オファーを提示しないことを決めたようだ。これにより、ジョンソンは今夏に完全フリーエージェントとなる予定だ。シャラニア記者によると、強固なディフェンスが売りのジョンソンには複数のチームからオファーが舞い込むであろう、とのことだ。

昨シーズン、ジョンソンはピストンズとペリカンズで合計66試合に出場し(うち7試合に先発)、1試合平均6.9得点、3.3リバウンド、1.3アシストを記録している。

ジョンソンを放出することにより、ペリカンズのサラリーキャップの空きは2800万ドル(約31億円)になる見込みだ。

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング