フリーエージェント情報:ドラガン・ベンダーがミルウォーキー・バックスとの契約に合意

Rakuten NBA News / 2019年7月26日 11時3分

ドラガン・ベンダーがミルウォーキー・バックスとの契約に合意した

今オフにフリーエージェントになっていたフォワードのドラガン・ベンダーがミルウォーキー・バックスとの2年契約に合意したようだと、ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者とMilwaukee Journal Sentinelのマット・ベラスケス記者が報じた。

ベンダーの加入により、バックスのロスター枠の15人が埋まったことになる。

2016年のNBAドラフト1巡目全体4位指名でフェニックス・サンズに入団したベンダーは、最初の2シーズンはまずまずの可能性を見せていたものの、昨シーズンはかなり出番を失っていた。昨シーズン、ベンダーは46試合に出場し、1試合平均18分間のプレーで平均5得点、4リバウンドという成績だった。

彼にとってのベスト・シーズンは2017-18シーズンで、その年に彼は82試合にフル出場し、1試合平均25.2分間のプレーで平均6.5得点、4.4リバウンドを記録している。かつてユタ・ジャズでストレッチ・ビッグとして活躍したメメット・オカー(当時サンズのアシスタントコーチ)に指導を受けたベンダーは、2017-18シーズンに3ポイントシュート成功率を36.6%に上げたが、オカーがチームを去った昨シーズンは3ポイントシュート成功率の数字を21.8%へと大きく落としている。

Yahoo Sportsのキース・スミス記者によると、ベンダーは、今オフにNBAチームとの契約が決まらなかった場合は、ロシアのチームと契約するつもりだったそうだ。

バックスでフロントコートのローテーション入りを目指すベンダーは、ヤニス・アデトクンボ、タナシス・アデトクンボ、ブルック・ロペス、ロビン・ロペス、アーサン・イリヤソバ、DJ・ウィルソンらビッグマンに加え、来シーズンからフロントコートでのプレーも噂されているクリス・ミドルトンやウェスリー・マシューズらとプレイタイムを争うことになる。

 

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング