1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. スポーツ総合

バイアウト候補のアンドレ・ドラモンドはレイカーズ行きが濃厚?

NBA Rakuten / 2021年3月25日 15時15分

ビッグマンは今季25試合で平均17.5得点、13.5リバウンドを記録


クリーブランド・キャバリアーズのアンドレ・ドラモンドはチームと合意のもと、日本時間2月13日(現地12日)のポートランド・トレイルブレイザーズ戦以来コートに立っていない。移籍が確実視されているドラモンドだが、2870万ドルという高額契約がネックとなりトレードを成立させるのは難しく、チームからバイアウトされる可能性が高いと言われている。

バイアウトされれば、ウェイバー公示期間後にフリーエージェントとなるが、2度のオールスター出場を誇るビッグマンには多くの強豪チームが関心を示していると報道されている。その中でもロサンゼルス・レイカーズが筆頭候補となっているようだと、『Bleacher Report』のジェイク・フィッシャー記者が伝えている。

「ロサンゼルス・レイカーズやブルックリン・ネッツといったコンテンダーは、キャバリアーズがトレードを成立することができないと予想している。そうなった場合、多くのチーム幹部たちは、ドラモンドが先発の座を確約されたレイカーズに行くと信じている」

28勝16敗でウェスト4位に位置するレイカーズは、レブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスの2枚看板が怪我で離脱中。復帰時期は未定で、チームとしては戦力補強を成功させてこの苦境を乗り切りたいところだろう。

今季はチームから離れる以前の25試合で平均17.5得点、13.5リバウンド、2.6アシスト、1.6スティール、1.2ブロックを記録していたドラモンド。レイカーズ以外では、ネッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ボストン・セルティックスがバイアウト後の獲得を狙っているとされる。果たしてどのチームでプレイすることになるのか。



(C)2021 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング