純烈リーダー酒井一圭は子役出身!当時の月収は25万円

RBB TODAY / 2019年6月20日 7時55分

 純烈のリーダー酒井一圭が、19日放送の『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)に出演。子役出身であることを明かした。


 1979年~1985年まで全5シリーズが製作された子ども向けドラマ『あばれはっちゃく』(テレビ朝日系)。酒井はその最終シリーズ『逆転あばれはっちゃく』に主人公として出演していたという。

 当時の彼の映像を見た“みちょぱ”こと池田美優は、「確かにそのまんまというか、面影めちゃくちゃあります」と驚き。またバイきんぐ小峠英二は、その知られざる経歴について「結構言ってることなんですか?」と公にしているのか質問。酒井は「全然隠し事ではない」としながら、「『あばれはっちゃく』になりたくて、親に頼み込んで児童劇団に入った」と振り返った。

 この後、梅沢から当時のギャラについて追及されると、酒井は「今回オファーをいただいて、(その金額がいくらか)母親に電話して聞いてみたんです」と答えながら、「(月)25万円ぐらいと言ってました」と回答。これに対し梅沢は「そんなことはないだろう?」と疑問視。しかし同じく子役出身の杉田かおるは「でも子役の時は安かったです」と支持していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング