韓国の高速鉄道脱線事故は「第二のセウォル号」?異常を感知も運行止めず

Record China / 2018年12月12日 17時20分

写真

12日、韓国・ノーカットニュースは、8日に発生した韓国高速鉄道江陵線の脱線事故について「第二のセウォル号惨事」だと報じた。写真はKTX。

2018年12月12日、韓国・ノーカットニュースは、8日に発生した韓国高速鉄道(KTX)江陵線の脱線事故について「第二のセウォル号惨事」だと報じた。

記事によると、11日に行われた国会国土交通委員会の緊急懸案質疑では、事故当時の状況が記録された音声録音ファイルが公開された。それによると、江陵発のKTXが脱線したのは8日午前7時35分だが、事故発生30分前の7時7分に鉄道交通管制センターの管制官が江陵駅との交信で「これは大変なことになる」と話していた。

記事は「列車が出発する前にすでに、事故が起きた信号場の転轍(てんてつ)機の異常を知っていたということになる」と説明。また管制官は5分後の7時12分、手信号の準備をして初期対応チームを至急送るよう促した。さらにその5分後には、事故が発生したKTX列車について「運行に支障はないか」と尋ね、江陵駅は「出発させられる。問題ない」と答えた。事故発生の1分前、管制官は再び「初期対応チームは到着したか」と確認。江陵駅は到着したことを告げ、「信号部が3分だけ時間がほしいと言っているがどうするか」と聞き返す。これに管制官は「3分を越えたらすぐに手信号を出さなければならない」と答えたが、その1分後に脱線事故が発生した。このファイルについて、野党「自由韓国党」の議員は「誰かが列車の運行を止めるべきだったが、3分だけと非常に焦って対応したため判断を誤ったようだ」と指摘した。

また記事によると、正確な事故の経緯を調査するためには防犯カメラの分析が必須となるが、江陵線の列車には1台も設置されていなかった。韓国では全列車に防犯カメラの設置が義務付けられている。さらに問題の転轍機の横にある監視カメラも、事故当時は電源が入っていなかったという。記事は「これが今回の事故にはセウォル号惨事(2014年4月に韓国で起きた旅客船沈没事故)を思い起こさせる総体的な怠慢と不備があると言われている理由」と伝えている。

これに、韓国のネットユーザーからも「事故で乗客が死ぬより、自分が責められることの方が怖いようだ。大事故につながりかねないシステムに異常が見つかった時はすぐに運行中止命令を出し、原因が分かるまでは徹底的な管理下におくべきだった」「このやり取りはセウォル号の時と同じ状況。お互いの役割を遂行するのに必死で、誰も『列車を止めて』と言えなかったんだ」「死者が出なかっただけで、セウォル号の時と同じ。あの時から何も変わっていないんだね」「いつまで安全不感症にかかったままなの?ちゃんと働こうよ。安全で信頼できる韓国になってほしい」「たまたま運がよかっただけで、列車が最高速度で走っている時に事故が起きていたらどうなっていたことか」などの声が寄せられている。

一方で「セウォル号と一緒にしないで。セウォル号は国が事故に遭った国民を守れずに生じた国家的な問題だけど、今回のはただの人災」と指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング