<コラム>医療大国・日本に慣れると、中国での生活がどんどん心配になる

Record China / 2017年7月17日 20時30分

写真

「医療大国」日本から中国に長期留学や出張をする少なからぬ皆さんのあちらの国での健康のことが心配になる。写真は中国の病院。

中国に長期留学や出張の際に一番困るのが、病気やケガの際の保険である。たまたま日本に半年ほど「滞在」する機会に恵まれ、住民票を新たに立てて家族全員の国民健康保険証を得て、地方自治体から定期健診の通知を受け取ったりするにつけ、この「医療大国」日本から中国に長期留学や出張をする少なからぬ皆さんのあちらの国での健康のことが心配になる。というよりも正直、半年後には中国に帰る自分と家族の健康のことがどんどんと心配になってくる。

一つの考え方は健康面等あちらで何かあったら日本に逃げ帰ってくればよろしいというものだが、家族全員の旅費や移動の際の諸々を考えると全然現実的でない。もう一つの考え方は中国で就業し中国の保険に入ってしまうというものであるが、その場合は仕事の掛け持ちがほぼ不可能なので今の仕事は辞めざるを得ない。

それで第三の選択肢である日本の海外旅行保険をなんとか中国で使えないかということになるのだが、正直どれも割高なように思えてあまり気乗りがしない。

というのも中国の医療費というのは大雑把に言って日本の3分の1程度、つまり全額払っても日本で言うところの「保険適用内」な費用で済むからだ。

たとえば日本に帰国する前に五十肩になりかけて「中医院」つまり中国医学に特化したそれなりな規模の病院に行ってそれなりなレベルの先生に鍼を打ってもらって完治した時にかかった費用は全部で100元、つまり日本円にして1500円程度だった。この程度の出費で済んでしまうため、月に何千円も保険料に費やす意味は全くないのである。

とはいえ、すでに3歳になる娘のことを思い、やはり親としてこの機会に何か方策を練るべきではなかろうか…とネットでいろいろ調べたところ、本人が入れば妻も子供も保険が下りるクレジットカード付帯の旅行保険を見つけてしまう。

「家族全員の旅行保険が年に何度も使えて年会費1080円(税込)は大変お得です」って、やった!これにしようこれ!と思って詳細をよくよく確認すると、「万一保険金をご請求いただく場合に、住民票などの書類を保険会社にご提出いただきます」とあった。いや住民票があるような短期の留学出張であれば、さっさと帰国して国民健康保険を日本でそのまま使うんですが…と、ひどくがっかりする。

中国に「長期」留学や出張の際に一番お得な保険とは、結局のところどれなのか。その方面に詳しそうな人をネットで探し当てたので、直接聞いてみた。

Record China

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング