韓国仁川空港に設置された「キム・ヨナ像」に不満の声続出!その理由とは=「ひどい仕打ち」「これが韓国の第一印象?」―韓国ネット

Record China / 2017年8月16日 21時30分

写真

16日、韓国のインターネット上ではこのほど、仁川国際空港に設置された「キム・ヨナ像」が物議を醸している。資料写真。

2017年8月16日、韓国のインターネット上ではこのほど、仁川国際空港に設置された「キム・ヨナ像」が物議を醸している。

韓国・中央日報によると、2018年の平昌五輪をPRするために制作、設置されたとみられる問題の銅像は、衣装とポーズがバンクーバー五輪でのキム・ヨナのフリーの演技を思わせる。しかし、ネット上では「顔や体型が現役時代のキム・ヨナと全く似ていない」と指摘する声が上がっている。また、銅像がひび割れた氷の上に立っている点にも「一体何を意味しているのか」「不適切だ」などと不満の声が寄せられているという。銅像を実際に見た旅行客も「少しもキム・ヨナを連想できない」と感想を述べている。

韓国で「全く似ていないキム・ヨナ像」が話題になったのは今回が初めてではない。韓国の京畿道軍浦市に設置されたキム・ヨナ像は5億2000万ウォン(約5000万円)もの税金が投入されたにもかかわらず、「全く似ていない」「造形的な美しさが感じられない」などの批判が相次いだ。これに対し、軍浦市の不正真相究明市民対策委員会は「銅像を制作する過程で設計ミスにより施工費が増大し、造形物が設計どおりに制作されなかった」と主張した。委員会によると、軍浦市は2009年に技術と実績の足りない会社に銅像の設計を依頼し、その後設計とは異なる造形物が完成したが、いかなる措置も取らなかったという。

この報道を見た韓国のネットユーザーからも「ない方がまし」「これがフィギュアの女王?」「なぜ美しく作れない?いっそのこと全身ブロマイドを飾ってほしい」「似てる、似ていないは別としてダサ過ぎる」など銅像に批判的な声が数多く寄せられている。

また、銅像の設置場所が空港であることから「世界に笑われる前に撤去しよう」「国の恥さらし。外国人観光客が見たら驚くだろう」「これが韓国の第一印象になってしまうのでは?」など外国人観光客の目を気にする声も。

そのほか「クオリティーが低過ぎる。制作の過程で金をくすねたのは誰?」と不正を疑う声や「ヨナがかわいそう」「国のために頑張ったヨナにひどい仕打ちだ」などキム・ヨナを気遣う声、「北朝鮮の方がうまく作りそう」と指摘する声もみられた。

中には「またヨナ?韓国には他にスターがいないのか?」「生きている人の銅像は作るものではない」とキム・ヨナを銅像のモチーフにすることに疑問を示す声もあった。(翻訳・編集/堂本)

Record China

トピックスRSS

ランキング