中国が海外からのごみ輸入禁止、米国に大打撃―中国紙

Record China / 2017年9月13日 23時40分

写真

12日、環球時報(電子版)は「中国が海外からのごみ輸入禁止、米国に大打撃」とする記事を掲載した。資料写真。

2017年9月12日、環球時報(電子版)は「中国が海外からのごみ輸入禁止、米国に大打撃」とする記事を掲載した。

米CNNはこのほど「過去数十年、米国のごみでいっぱいのコンテナを満載したタンカーが、中国へ向けて送られてきた。年間の売却額は50億ドル(約5500億円)に達しているが、これらのごみビジネスは窮地に立たされている」と報じた。

中国環境保護部は7月、世界貿易機関(WTO)に文書を送付。今年の年末までに廃棄プラスチック、金属精製時に出る廃棄物、紙ごみ、繊維ごみなど、24種類の固形廃棄物の輸入を禁じる方針を伝えた。

米廃棄金属回収工業協会によると、米国から中国への廃棄物輸出システムは、米国内で約15万5000人の雇用を生み出している。対中輸出品目の6番目になるほどで、中国が禁輸すれば米国経済に大きな打撃となる。中国はWTOに送付した文書で「輸入される廃棄物は高度に汚染されており、環境に重大が悪影響をもたらす。人々の健康を守るためにも、早急に禁輸措置を取りたい」としている。(翻訳・編集/大宮)

Record China

トピックスRSS

ランキング