中国人のボイコットは長続きしない?あの日本人の「予想」が見事的中

Record China / 2017年11月14日 16時50分

写真

14日、中国でアパホテルが再び注目を浴びている。写真はアパホテル。

2017年11月14日、中国でアパホテルが再び注目を浴びている。南京大虐殺を否定する書籍を客室に置いた問題で今年1月、中国当局が国内の旅行会社や旅行サイトにアパホテルとの協力を全面的に停止するよう呼び掛けるなどして関心を集めた同ホテルだが、中国のネット上に「ある旅行サイトに(アパグループのホテルが)復帰した」とする投稿が寄せられたためだ。

この問題に関し、中国・環球網はアパグループ代表の元谷外志雄氏が書籍の著者であることを示し、「元谷氏はかつて『書籍は撤去しない。数カ月もすると人は何のことだったか忘れるが名前だけは残る』と語っていた。今になってみると案の定…」と中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でツイートした。

これに対し、中国のネットユーザーからはアパホテルの情報を掲載した旅行サイトを非難する声や「自分は忘れていない」との声が上がる一方、「今回のニュースがなかったら、本当に多くの人が忘れていたと思う」「多くの人は周りにつられて(アパホテルに対する)非難の声を上げるだけ。歴史を心に刻んでいる人はとても少ない」との意見も聞かれた。(翻訳・編集/野谷)

Record China

トピックスRSS

ランキング