中国の動物園のキリン、首が木に挟まり死亡―中国

Record China / 2018年4月17日 14時30分

写真

16日、澎湃新聞によると、雲南省昆明市の動物園で飼育されていたキリンの首が木の枝に挟まって抜けなくなり死亡する事故が発生した。

2018年4月16日、澎湃新聞によると、雲南省昆明市の動物園で木の枝の間に首を挟んでしまったキリンが死亡する事故が発生した。

昆明市の圓通山動物園で現地時間16日午後1時25分、オスのキリン「海栄」(ハイロン)が屋外の飼育場で体をこすっていた際、二股になっている木の幹の間に頭が挟まってしまった。飼育員は発見後、直ちに獣医とともに救助に向かった。

最終的に電気のこぎりで木の幹を切って海栄を救出。食物が胃から肺に流れるのを防ぐために頭を高くする処置がとられ、何度か立たせる試みも行われたが、頭が挟まっていたことで頸部が損傷し、脳への血液供給が不足したことで足に力が入らず、立つことができなかった。

そして、同午後6時18分、昆明動物園から「海栄が死亡した」との情報が地元メディアに伝わったという。

海栄は10歳のオスで、同動物園では5年間暮らしていた。活発な性格で、しばしば屋外にある木に体をこすりつけるなどして遊んでいたが、これまで同様のトラブルは発生していなかったとのことである。(翻訳・編集/川尻)

Record China

トピックスRSS

ランキング