セウォル号引き揚げ中に大事な証拠が消えていた?政府は「回答不可能」=韓国ネット激怒

Record China / 2018年4月20日 11時50分

写真

18日、セウォル号沈没事故発生から約4年が過ぎ、韓国メディアは「沈没原因とみられる大事な証拠が、引き揚げの過程で外部から衝撃を受けていたのではないか」との疑惑を報じた。資料写真。

2018年4月18日、セウォル号沈没事故発生から約4年が過ぎ、韓国・KBSは「沈没原因とみられる大事な証拠が、引き揚げの過程で外部から衝撃を受けていたのではないか」との疑惑を報じた。

記事によると、セウォル号の沈没原因を探すのに重要な手掛かりの1つといわれているのが船の最後部にある方向舵。当時の映像から、沈没当時のセウォル号の方向舵は水平に近い状態だったことが分かっているが、引き揚げられたセウォル号の方向舵は右舷に10度ほど下がっているという。

検察は船員に対する裁判で、当時の映像を根拠に「操舵設備の故障はなかった」と判断するも、裁判所側は「再調査が必要」とし結論を先送りしていた。真相究明に向け、舵を含む操舵設備全般を原点から調査しなければならない状況の中で上記の事実が判明したとのこと。

さらに記事は「取材の結果、方向舵の角に強い力が加えられた跡が残っており、塗装が斜めに剥がれていることが分かった」とし、「引き揚げの際に使用した鉄製のワイヤーが原因ではないか」と推定している。これは「引き揚げ過程で舵の角度が変わったわけではない」という1年前の海洋水産部の説明とは異なるものだ。これまで「船尾を持ち上げなかった」と説明してきた同部は「引き揚げ担当部署が解体されたため回答不可能」と説明したとのこと。

4年という月日が流れたにもかかわらず、ネット上では2000件以上のコメントが寄せられるなど、いまだに事故への関心は高い。「証拠をなくし、痕跡も消そうというのか」「何をそんなに隠そうとしてるの?担当者を拘束してもいいから真実を明らかにすべき」「回答不可能?弁明の余地がないってこと?故意の沈没だったことが明らかになったとしたら、国民が黙ってるとでも思う?」「それが国家公務員の言うこと?国は国民を守る義務がある」など怒りの声が続出している。

また韓国では事故を扱った映画「その日、海(Intention,2018)」が今月12日に公開された。「映画を見たけど、海洋水産部もメディアも政府も国家情報院も何を言っても無駄!故意に船を沈没させなければならなかった理由を明らかにして!」「映画を見たら正解が分かる」「たくさんの人に映画を見てほしい」など関連コメントが多く寄せられており、映画は公開から1週間で早くも人々の心をつかんだようだ。(翻訳・編集/松村)

Record China

トピックスRSS

ランキング