タイ・プーケット船転覆で41人犠牲も、海に出る中国人客後絶たず、ネットであきれ声

Record China / 2018年7月9日 17時40分

写真

タイのプーケット沖で中国人観光客らを乗せた遊覧船が5日、悪天候の影響で転覆・沈没し、中国人観光客41人の死亡が伝えられる中、中国メディアの環球網は9日、「それでも現地では海に出る中国人客が後を絶たない」と伝えている。

2018年7月9日、タイのプーケット沖で中国人観光客らを乗せた遊覧船が5日、悪天候の影響で転覆・沈没し、中国人観光客41人の死亡が伝えられる中、中国メディアの環球網は「それでも現地では海に出る中国人客が後を絶たない」と伝えている。

環球網は、現地時間9日午前8時から8時25分までの間に9隻ほどの遊覧船が出港したとし、乗船客の大多数を中国人が占めていたことを伝えた。

埠頭には出港を許可する緑色の旗が立てられており、乗船客らは安全面の問題をそれほど心配していないようで、「(事故は)そう滅多に起きない」「乗船後にライフジャケットを着る(から大丈夫)」などと話す人もいたという。

この話題について、中国のネット上では「開いた口が塞がらない」「わがままな中国人観光客。もはや救いようがない」「ニュースを見ていないの?」「もっと用心しようよ」「国内にも代わりになる観光地はあるだろ」「明日の新聞で会おう」などの声が挙がっている。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング