マンション住人が敷地内でヤギ飼育、苦情に対し「育ったら広場でヤギ鍋にします。皆さんどうぞ」―湖北省武漢市

Record China / 2018年7月16日 21時10分

写真

湖北省武漢市内のマンションで、住民が敷地内で勝手にヤギを飼っていることが問題になった。他の住民の苦情が出たが、飼育している住民は「大きくなったらつぶし、敷地内の広場で鍋にして皆さんに振る舞うつもり」などと話しているという。

湖北省メディアの楚天都市報によると、同省武漢市内のマンションで、住民が敷地内で勝手にヤギを飼っていることが問題になった。他の住民の苦情を受けた管理会社はやめるよう申し入れた。飼育している住民は「大きくなったらつぶし、敷地内の広場で鍋にして皆さんに振る舞うつもり」などと話しているという。

楚天都市報の13日付報道によると、敷地内の緑地の柵に黒いヤギがつながれるようになったのは1週間ほど前。ヤギの周囲の草や灌木の葉は、かなり食べられてしまったという。つながれているひもが切れて、ヤギが敷地内を歩きまわることもある。住人からは「共有スペースでヤギを勝手に飼ってよいのか。しかも、しっかり管理していないから、勝手に歩いている。おかしすぎる」との声が上がった。ヤギの糞が不衛生だと指摘する人や、人への危害を心配するもいる。

11日夜にも、つないでいるひもが切れ、ヤギが敷地内をうろついた。警備員が捕まえたが、持ち主の住人に渡した際にヤギを「すみやかに処理」するよう求めた。

ヤギの持ち主は、マンション住人の仲間6人で飼っていると説明。1人は旅行中なので戻ってから相談して決めたいと説明した。残りの5人は今のところ、ヤギをもうしばらく飼う考えだ。「育ててからつぶして、マンション敷地内の広場で大鍋料理にします。皆さんに振る舞いたいと思います。食べに来てほしいです」などと話しているという。(翻訳・編集/如月隼人)

Record China

トピックスRSS

ランキング