「なぜだろう、感動で涙が…」、日本の夏の風物詩に中国人が感極まる

Record China / 2018年8月3日 21時50分

写真

2日、中国版ツイッター・微博に新潟県長岡市の花火大会を紹介する動画が投稿された。写真は2日の大花火大会。

2018年8月2日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に新潟県長岡市の花火大会を紹介する動画が投稿された。これに中国のネットユーザーから数多くのコメントが寄せられている。

日本の三大花火大会の1つに数えられる「長岡まつり」は1日に平和祭、2日、3日に大花火大会が行われる。動画は夜空を一瞬にして明るく染める巨大花火や、ポツポツと小さな明かりが灯った後に弾けて落ちる花火の様子などを紹介。投稿者は「最も壮観なのは『正三尺玉』の3連発。光の筋が空全体に放たれる」と解説し、「夏は好きな人と花火見物をしてみては?」と呼び掛けている。

この動画に中国のネットユーザーからは「感動で涙が…」「私もそう。なんでだろう」「口を開けて見とれてしまった」「アニメの中の花火みたい」などの声が寄せられており、中には「長岡のこれはすごすぎる」「急に花火大会に行きたくなった」「こんな大きな花火、長い間、生では見ていない」「ここでは環境汚染とか言われちゃうから」との書き込みも見られた。(翻訳・編集/野谷)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング