東京医科大が女子の合格抑制、一律減点=中国ネット「だから日本人の結婚・出産は減る一方」

Record China / 2018年8月6日 13時20分

写真

6日、東京医科大が入学試験で女子受験生の得点を一律に減点するなど得点操作を行っていたことが、中国でも話題になっている。資料写真。

2018年8月6日、東京医科大が入学試験で女子受験生の得点を一律に減点するなど得点操作を行っていたことが、中国でも話題になっている。

新京報など複数の中国メディアは、日本メディアの報道を引用し、東京医科大が女子受験生の点数に0.9や0.8などの係数をかけて減点し、女子の合格者の割合を3割前後になるように調整していたこと、大学関係者が「女性医師は結婚や出産などで、仕事をやめるケースが多く、3割を超えるとまずいという意識があった」と説明したことなどを伝えた。

この報道について、中国のネット上では「結婚・育児する女性への差別であり、結婚しない女性への差別でもある」「だから日本人の結婚・出産はますます少なくなっているのか」という声が多くの共感を集めていた。

また「最近のMeTooにしろ今回の女性差別にしろ、男女平等への道ははるか遠いことを表している」という声もあった。

一方で「中国の多くの業界でも女性差別が存在する」「表に出ないだけで、珍しいことではない」という指摘もあった。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング