仰天!半月で結婚、離婚を23回繰り返した一族=その理由は…―中国

Record China / 2019年9月25日 19時20分

写真

新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は23日、「中国浙江省に立ち退きによる補償を手にするため、結婚と離婚を繰り返した一族がいる」と伝えた。写真は離婚証。

新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞は23日、「立ち退きによる補償を手にするため、結婚と離婚を繰り返した一族がいる」と伝えた。

この仰天騒動が起こったのは中国浙江省。投稿によると、親族関係にある11人が今年3月、15日という短い期間で結婚、離婚を計23回繰り返した。中には、兄嫁と結婚、離婚したり、子どもの結婚相手の母親と結婚、離婚したりしたケースもあったという。

報道によると、騒動が起きた区域は地域改修計画のエリアに指定されており、今年4月10日以前にそこに戸籍があった場合、立ち退きによる補償が受けられることになっていた。11人のうち、ある男は2011年に妻と離婚したが、今年3月6日にその元妻と再婚し、戸籍を該当地区に移した。すると6日後に再び離婚し、同月20日に兄嫁と結婚。その6日後に再度離婚するなどした。この男を皮切りに、総勢11人が結婚と離婚を繰り返した。

記事は、担当した複数の警官が「ドラマだってこんな台本は書かない」とあきれていたことを紹介。最終的に4人が刑事拘留され、7人は保釈されたという。

微博上ではネットユーザーから「これはひどい」「見境がなさすぎる!」「結婚も離婚もそりゃ自由だけど、自由過ぎるでしょ!」などと批判が相次いでいるが、「政策の穴なんじゃないの?結婚も離婚もこの人たちの自由でしょ?」と擁護する声も上がっている。(翻訳・編集/和田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング