日本建築の特徴はつまるところ何か?―中国メディア

Record China / 2018年8月30日 5時50分

写真

不動産大手・森ビル株式会社はこのほど日本建築学会、日本建築家協会、日本の5大建設会社などと共同で、展覧会「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」を開催中だ。写真は東大寺。

日本建築は伝統の継承、東西文化の融合、省エネ・環境保護などの面で非常に高く評価されている。だが日本建築の特徴はつまるところ何かと問われれば、よくわからないというのが正直なところだ。不動産大手・森ビル株式会社はこのほど日本建築学会、日本建築家協会、日本の5大建設会社などと共同で、展覧会「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」を開催中だ。雑誌「環球」が伝えた。

■可能性としての木造

展覧会の会場は六本木ヒルズ森タワー53階にある森美術館。場内に足を踏み入れると、木組のスクリーンが出迎えてくれる。2015年のミラノ国際博覧会日本館のために制作されたインスタレーション「木組インフィニティ」のレプリカで、第1セクション「可能性としての木造」はここから始まる。

木組とは、釘や接着剤を使わず、木材同士をはめ込んでつなげ固定する技術。中国古代の建築で幅広く利用されたもので、日本でも中国由来であることは知られている。ただ日本では木や木造建築は信仰の対象になった。国土の70%が森林である日本には「木魂」(こだま)という言葉があり、字の通り樹木に宿る精霊を指す。

木組スクリーンの向こうには、有名な奈良の東大寺南大門の架橋模型がある。日本の有名建築家・安藤忠雄氏は以前、「東大寺を見た時の感動と驚きが建築の道に進んだ原点」と語った。模型をみると、南大門の軒を支えるのは挿肘木(さしひじき)を6段に組んだ六手先(むてさき)構造で、これを水平材の通肘木(とおしひじき)がつないでいる。柱は18本あり、端の数本は扇状に配置され、柱間からは支持材の中備(なかぞなえ)の遊離尾垂木(ゆうりおだるぎ)が伸び、軒の荷重を分散する。こうした木造の構造により、東大寺南門は鎌倉時代から800年もの間、数々の大きな地震を耐え抜き、今もなお堂々とした姿でそびえ立つ。

このセクションには東大寺のほか、木造文化のもう1つの傑作といえる日光・東照宮の五重塔の模型も展示される。五重塔は「心柱(しんばしら)の耐震性」を利用した構造で相当の耐震性能を実現した。模型をみると、塔の中心に懸垂式の心柱があり、4層目から鉄鎖でつり下げられて、礎石の上に宙づりになっている(もともと木の心柱の最下部が礎石から約10センチメートルのところで宙に浮くようになっていた)。心柱は屋根を固定し、地震が起きると「振り子」になって、横揺れと縦揺れの振動をうまく逃がす役割を果たす。心柱による制震技術は日本一高い建築物・東京スカイツリーにも応用されている。

■超越する美学

第2セクションは「超越する美学」で、もののあはれ、陰影礼賛、無常といった美意識が日本建築の歴史に綿綿と受け継がれてきた様子を紹介する。第1セクションよりもさらに日本的特徴が現れたセクションだといえる。

初めに登場するのは伊勢神宮正殿(内宮)で、直線的な外観を特徴とする「神明造(しんめいづくり)」の様式で造営されたものだ。古代の日本人は「うつくし」という言葉で柔和な美しさ、清らかな美しさを表現し、伊勢神宮はその代表とされる。「神明造」は出雲大社を代表とする「大社造(たいしゃづくり)」や住吉大社を代表とする「住吉造(すみよしづくり)」とともに日本最古の神社の建築様式であり、また後の二者が曲線の美しさを特徴とするのと異なり、極めて簡素で直線的な造形美と素木(そぼく、しらき)の美しさを最も際立たせた建築物だといえる。模型をみると神明造の構造の特徴を直感的に理解することができる。礎石はなく、柱だけで屋根を支える掘立式だ。

礎石がない建築は脆弱で長くもたないのではないかと思われるが、日本人は定期的に社殿を新たに造営する「遷宮」によって神宮造の建築様式を維持・伝承し、木材のきめの細かさと新しさを保ち、ヒノキの香りとかやぶき屋根の輝きを失わないようにしてきた。伊勢神宮は約1300年前に造営され、遷宮は「皇家第一の重事、神宮無双の大営」と称され、20年に1度行われる。2013年に第62回目が行われ、「無常」と「常なる新しさ」のはざまでもののあはれととこしえとを体現してきた。

このセクションのもう1つの重要な展示物は鈴木大拙記念館の模型だ。鈴木大拙は日本の禅文化を海外に広く伝えた仏教学者。伊勢神宮正殿が構造と素材によって柔和さともののあはれの美を体現するものなら、鈴木大拙記念館はその建物で禅の世界を体現する。

■安らかなる屋根

第3セクションは日本建築の屋根がテーマだ。日本人は屋根を極めて重要なものととらえ、機能性と象徴性が共に備わり、個と共同体を調和し、内部と外部を仲立ちするものとしてきた。安心感を与え守ってくれるものでもあった。

このセクションの最重要の展示物は1964年の東京五輪の2大会場となった国立代々木競技場と日本武道館の屋根だ。模型と航空写真がなければ、この2大建築の屋根の全貌はなかなかうかがい知ることは出来ない。

武道館の屋根は青銅色をした正八角形で、屋根のカーブは富士山を模している。武士道の精神を表した、純日本風の建築物だ。

代々木競技場は現代建築で、日本の建築家として世界で最も早く名を知られた丹下健三氏が設計した。ワイヤーロープによる「吊り屋根構造」が有名で、「一体感」が強く打ち出されている。この一体感はシェル構造で、3つの施設を覆い一体化させた屋根によって醸し出されるものだ。実際の屋根の材料は厚さ4.5ミリメートルの鉄板で、2本の主柱とワイヤーで吊り橋のように吊り下げられている。

■建築としての工芸

「工芸」も日本建築の遺伝子の1つであり、この根源は日本文化が持つ自然を抽象化する意匠のセンスと高度な匠の技にある。

「観念が全体を統率する」という理念が西洋から持ち込まれる以前の日本には、細部を極め、「部分が説得力のある全体をつくる」という考え方があった。このセクションには、今展覧会の最大の目玉の一つ、日本の茶道文化の始祖とされる千利休の茶室「待庵」(たいあん。京都)の原寸再現が展示される。待庵は国宝で、現存する日本最古の茶室建造物であり、利休の「侘び」(枯淡・静寂の境地)の思想を空間に落とし込んだ代表的建造物でもある。

待庵の外観は寄棟造(よせむねづくり。4方向に傾斜する屋根面をもつ屋根形式の一つ)に切妻造(きりづまづくり。屋根の最頂部の棟から地上に向かって2つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根形式の一つ)を加えた複合型の屋根形式が採用され、こけら葺き、ミネラルウォーターのボトルほどの太さの原木2本が軒を支えて、象徴的な役割も果たしている。再現された待庵は枯山水の玉砂利の上に鎮座し、かがまなければ通れないにじり口が幽玄の世界へと私たちを誘う。斜面と直線からなる天井は畳2畳分くらいしかない茶室を狭く感じさせない。ぜいたくな装飾を排除し、簡素を極めたこの空間には、「少にして多、簡にして豊」の境地が広がる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング