スペインの映画祭PRポスターに「旭日旗」、開幕式で韓国人監督が苦言「ナチス旗と同じ意味」

Record China / 2018年11月16日 8時20分

写真

15日、韓国メディア・ビズエンターによると、スペインで開催されている「第28回ファンシネ‐マラガファンタスティック映画祭」で旭日旗デザインが使われていることについて、開幕作の韓国映画「物の怪」を製作したホ・ジョンホ監督が苦言を呈した。写真は旭日旗。

2018年11月15日、韓国メディア・ビズエンターによると、スペインで開催されている「第28回ファンシネ‐マラガファンタスティック映画祭」で旭日旗デザインが使われていることについて、開幕作の韓国映画「物の怪」を製作したホ・ジョンホ監督が苦言を呈した。

記事によると、スペインの公立大学であるマラガ大学が中心となり14日から開催されている同映画祭には、アジアからも多くの映画が招待された。ところが、広報ポスターに韓国で「軍国主義の象徴」と言われている旭日旗が使用されていることが波紋を呼んだ。その後、韓国大使館からの抗議を受けた映画祭側は公式ホームページに謝罪文を掲載し、旭日旗を除いたポスターを作成し直していた。

しかし謝罪後も、マラガ市内や大学内で旭日旗入りのポスターが配られていることが発覚。韓国大使館は「マラガ市内で回収しそびれた旭日旗入りポスターが見つかった場合は、誰でもその場ではがしていいとの許可も得た」と説明していたが、映画祭側は約束を守らなかったという。

そうした状況の中で開幕式に出席したホ監督は、現地メディアとのインタビューで今回の旭日旗騒動について「日本に苦しめられた韓国人たちの心を呼び覚ました」とし、「欧州の人たちのポスターにナチスの旗を使用するのと同じこと」と説明したという。

これについて、韓国のネットユーザーからは「無知ほど恐ろしいものはない」「スペイン人の意識の低さにがっかり」「これは公に韓国をばかにする行為だ」「映画祭関係者が注目を集めるためにわざと旭日旗を使用したのでは?」など批判の声が続出している。

また、「韓国は参加をボイコットすべきだった」「韓国人は根気強く、旭日旗の意味について説明し続けなければならない」「旭日旗=ナチス旗という事実を、韓国政府が大々的にPRするべき」などと主張する声も。

一方で「デザイン的にはよかった。旭日旗にそこまで抵抗ないけど?」「放っておけばいい。表現の自由だ」「よくあるデザインだから、いちいち反応していたら疲れるだけだよ」と理解を示す声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

Record China

トピックスRSS

ランキング