中国人の女、不正パスポートで15年間に25回も日本へ!結婚も日本で―中国メディア

Record China / 2018年12月7日 16時20分

写真

6日、看看新聞網は、15年に及び他人に成り済ましてパスポートを作り、25回日本に渡航していた中国人の女が陝西省西安市で逮捕されたと報じた。

2018年12月6日、看看新聞網は、15年に及び他人に成り済ましてパスポートを作り、25回日本に渡航していた中国人の女が陝西省西安市で逮捕されたと報じた。

先月10日、容疑者の女が西安空港から出国しようとした際、出入国係員に止められ「現地のパスポート発行部門に連絡するように」と指示された。12日に女が西安市のパスポート発行機関に出向くと、警察官がその場で女を逮捕した。全(チュエン)姓を名乗っていた女の本当の姓は黄(ホアン)で、他人の情報を盗み取ってパスポートを不正に作っていた。

女は2003年から他人の身分情報を利用してパスポートの発行を受け、何度も日本に渡っていた。調べによると、日本へは出稼ぎ目的だったとのことで、女は「当時、仲介機関から年齢が高いために受け入れてもらえないかもしれないと言われ、他人の情報を利用した」と供述しているという。女は不正パスポートで十数年にわたり日本への出入国を繰り返し、日本で結婚までしていた。

問題が発覚したのは今年5月、「本物」の全さんが同市でパスポート発行を申請したことがきっかけだった。申請時に係員から「あなたの情報のパスポートはすでに発行されている」と言われ、確認したところ、顔写真を除くすべての情報が全さんのものだったという。

この事件に対して、中国のネットユーザーは「他人のパスポートを使って日本で結婚までしていたとは。離婚手続きはどうするのだろう」「本当の全さんが日本に行って離婚しなきゃいけないの?」「15年使って25回も出入りしてるのに見つからないって……」「良かった、誰かに悪用される前にパスポート取っておいて」といった感想を残している。

また「パスポートってちゃんと身元を確認しないで発行できちゃうものなの?」「出入国当局は何をやっていたんだ」「身元情報審査の緩さが理解できない」「内部との結託なしにこんなパスポートはできないだろう。内部を調べよ」など、当局の管理が不十分だったことが問題の発覚を遅らせたと指摘する声も多く見られた。(翻訳・編集/川尻)

Record China

トピックスRSS

ランキング