一体何事?香港で290万円分の紙幣がばらまかれ混乱に

Record China / 2018年12月17日 19時20分

写真

香港の深水[土歩]駅付近で15日昼過ぎ、大量の紙幣がビルの屋上からばらまかれる騒動が発生し、紙幣を拾う人が殺到した影響で交通秩序が乱れ、警察が出動する事態に発展した。

香港の深水[土歩]駅付近で15日昼過ぎ、大量の紙幣がビルの屋上からばらまかれる騒動が発生し、紙幣を拾う人が殺到した影響で交通秩序が乱れ、警察が出動する事態に発展した。

香港・東網によると、ばらまかれたのは100香港ドル(約1450円)札で、雨除けのオーニングや列車駅の出口の建物に上り紙幣を取ろうとする人が続出し、現場は騒然となった。警察は現場で約5000香港ドル(約7万3000円)を回収したが、多くは集まった民衆に持ち去られた。約20万香港ドル(約290万円)がばらまかれたとみられている。

24歳の男性が事前に紙幣のばらまきを示唆するような発言をネットに掲載していたことから、現地警察は16日に男性の身柄を拘束し調べを進めている。男性は仮想通貨のビットコインで成功したと語る男性で、メディアにも取り上げられネットでは知られた人物。男性が自身の活動の宣伝のために紙幣をばらまいたと指摘する声も聞かれている。香港の弁護士からは「紙幣をばらまき混乱を招き、秩序を破壊した。どんな理由にしろ、香港の条例に反した違法行為である」との苦言も聞かれている。(翻訳・編集/内山)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング