東方神起はなぜこんなに愛される?その魅力を分析=韓国ネットも納得!

Record China / 2019年8月7日 21時20分

写真

4日、韓国・オーマイニュースは「『東方神起』の名前を守ろうと…ユンホとチャンミンが堪えた王冠の重さ」との見出しで、韓国の人気グループ・東方神起が愛される理由について報じた。写真は東方神起。

2019年8月4日、韓国・オーマイニュースは「『東方神起』の名前を守ろうと…ユンホとチャンミンが堪えた王冠の重さ」との見出しで、韓国の人気グループ・東方神起が愛される理由について報じた。

記事はまず「『東方神起』という名前をユンホとチャンミンが守ってきたことがいかに幸いなことか」とし、大きな変換点となった2009年のグループ分裂について伝えている。かつては5人グループだったが、メンバー3人が「JYJ」というグループを作って脱退し、2人体制に対する憂慮が持ち上がり「東方神起の存続」を危ぶむ声も出ていた。

しかし2人は、毎年アルバムを発売して自分たちの音楽の世界を強固なものにし、放送や公演などを通じて持続的に国内外のファンと会うなど、「休むことなく走ってきたという言葉でも足りないほど最善を尽くしてきた」と記事は伝えている。さらに「その情熱と誠実さで東方神起という王冠の重さに耐え、自分たちの時代を切り開いた」と称賛の言葉を送っている。

記事はまた、ファンからここまで信頼され愛される理由は「ルックスと才能も去ることながら、それ以上に人柄にある」とし、2人のさまざまな寄付活動についても伝えている。

これを受け、韓国のネット上では「分裂当時は2人がかなりたたかれてたよね」「今思えばメンバー脱退はよかったのかも。先のことはホント誰にも分からない」などかつてを振り返るコメントや、「なんて美しい青年たちなんだろう」「2人は真のアーティスト」「10年守り抜いてきた2人に拍手!」「彼らの実力と性格はお墨付き」「何かと問題の多い芸能界の模範となる東方神起。これからもかっこいい姿を見せ続けて、伝説になってね」といった応援メッセージが相次いでいる。(翻訳・編集/松村)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング