嫦娥4号の月面着陸はウソ!?NASAの見解は―中国メディア

Record China / 2019年1月18日 13時40分

写真

18日、環球時報は、中国の月面探査機「嫦娥4号」が月の裏側に着陸したことをうそではないかと疑う声が出たのに対し、米航空宇宙局(NASA)までもが疑問を打ち消す声明を発表したと報じた。

2019年1月18日、環球時報は、中国の月面探査機「嫦娥4号」が月の裏側に着陸したことをうそではないかと疑う声が出たのに対し、米航空宇宙局(NASA)までもが疑問を打ち消す声明を発表したと報じた。

記事は、英紙「エクスプレス」の15日付報道を紹介。今月初めに月の背面に着陸した嫦娥4号が大きな注目を集めたとする一方、中国政府系メディアが「人類による月探査における新たな一ページを開いた」などと断片的に伝える以外は、このプロジェクトに対する情報の多くは秘密のベールに包まれている状況であるとした。

そして、中国が情報をあまり公開しないことから、近ごろ「嫦娥4号の月面着陸はうそではないか」との疑問を持つ人が出てきていると指摘。理由として「撮影された画像の中で、月面探査車の玉兎2号の下に『加工の跡とみられる白い線』が見える」点を挙げるとともに、著名なUFO専門家が「中国が発表した画像では岩石が少なすぎる。これは月面上ではない」との見解を示したことを紹介している。

環球時報は、こうした指摘に対してネット上で「フルバージョンの映像を見れば、指摘された白い線は車体もしくは太陽電池パネルの反射光であり、玉兎2号の動きに伴って月面上を移動しているのがすぐにわかる」など、疑問に対する反論が出ていると紹介。

また、「疑問への否定にNASAも立ち上がった」とし、NASAが嫦娥4号の着陸を認める科学者の声明を発表し、嫦娥4号が着陸した月面の衛星写真を共同で公開したことを紹介している。(翻訳・編集/川尻)

Record China

トピックスRSS

ランキング