「ファーウェイ排除すれば少なくとも2年遅れる」、欧州最大の通信事業者幹部が警告―米華字メディア

Record China / 2019年1月30日 5時20分

写真

米華字メディア・多維新聞は29日、欧州最大の通信事業者ドイツテレコムの内部調査で、「ファーウェイ(華為技術)を排除した場合、欧州は米国や中国に後れを取る」との見方が示されたと伝えた。

米華字メディア・多維新聞は29日、欧州最大の通信事業者ドイツテレコムの内部調査で、「ファーウェイ(華為技術)を排除した場合、欧州は米国や中国に後れを取る」との見方が示されたと伝えた。

記事は、米ブルームバーグの報道を引用。関係者が匿名を条件に明かしたところによると、ドイツテレコムのある幹部が「ファーウェイを5Gネットワークの供給業者リストから外せば、技術の普及において少なくとも2年は遅れることになる」と警告したという。なお、ドイツテレコムの広報は「ノーコメント」としている。

ドイツ政府は米国などと同様、国家の安全上の問題から、5Gのインフラ整備でファーウェイを排除する方法を検討していると伝えられていた。(翻訳・編集/北田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング