中華航空のパイロットがコックピットで居眠り―台湾メディア

Record China / 2019年2月22日 22時20分

写真

21日、中国新聞網は、台湾メディアの報道を引用し、チャイナエアラインのパイロットがコックピットで居眠りをして処分されたと伝えた。写真は中華航空。

2019年2月21日、中国新聞網は、台湾メディアの報道を引用し、中華航空(チャイナエアライン)のパイロットがコックピットで居眠りをして処分されたと伝えた。

台湾メディア・中央社によると、中華航空のパイロットがコックピットで居眠りをし、副操縦士がその写真を撮影し保存していた。メディアによってこの件が報道されると、20日に中華航空が声明を発表。同社では最近、ストライキが発生していたが、「この問題はストライキのずっと前に発生したこと」とし、「居眠りをしたパイロットは自ら会社へ報告し、会社は規定に従って処分を下した」と説明した。

中華航空は、一緒に座っていた副操縦士が注意喚起をせずに写真を撮影したことは不適切な行為に当たるとも指摘。今回の件は古い写真が意図的に暴露される形となったが、中華航空は飛行の安全を重視しており、規定違反者に対しては厳重な処分をしていると強調した。(翻訳・編集/山中)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング