無印良品の「天然水」から発がん性物質、余波は中国にも=ネット「われわれの胃なら大丈夫」「こういうブランドは信頼できる」

Record China / 2019年2月27日 11時30分

写真

26日、澎湃新聞は、無印良品が発売していたペットボトル入り「天然水」から基準値を超える発がん性物質の臭素酸が見つかった問題について、中国本土では発売されていなかったと報じた。写真は台湾の無印良品。

2019年2月26日、澎湃新聞は、無印良品が発売していたペットボトル入り「天然水」から基準値を超える発がん性物質の臭素酸が見つかった問題について、中国本土では発売されていなかったと報じた。

無印良品の母体である良品計画は22日、2018年7月4日から19年2月21日に発売された「天然水」で食品衛生法の基準値を大きく超える発がん性物質の臭素酸が検出されたため、330ミリリットルおよび500ミリリットルの「天然水」と430ミリリットル入りの「炭酸水」の回収を発表をした。

記事はこれについて、「この3種類の製品が日本国内の店舗やネット上で販売されていたほか、台湾と香港にも輸出されており、両地ではすでにすべて販売ラインから外された」と紹介。また、26日に無印良品中国本部に確認したところ、いずれも中国本土では販売されていないとの回答を得たとしている。

この件について中国のネットユーザーから「やっぱり水は湯冷ましが安全だな」「われわれの胃はすでにありとあらゆる問題を消化してきたから、恐れるには足りない」「問題が発生するとすぐに認め、しかも自ら公開する。こういうブランドはとても信頼できる」など、さまざまなコメントが出ている。

また「びっくりした。無印良品の化粧水のことかと思った」「化粧水についても調べてほしい。今使ってるから」など、中国で販売されている化粧品についても検査をしてほしいと希望するユーザーが複数見られた。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング