J―20戦闘機は極秘技術あるので展示しない、F―35は二流品だから展示する―中国メディア

Record China / 2019年3月7日 1時0分

写真

中国メディアの新浪網は、中国のJ―20戦闘機(写真)が地上で公開展示されないのは、米国のF―22に比べても極秘技術が盛り込まれているからと主張する記事を掲載した。米国のF―35の公開展示が多いのは「二流品だから」と論じた。

中国メディアの新浪網は2019年3月5日付で、中国が開発したJ―20(殲20)ステルス戦闘機が地上で公開展示されないのは、米国のF―22に比べても極秘技術が盛り込まれているからと主張する記事を掲載した。米国のF―35の公開展示が多いのは「二流品だから」と論じた。

記事はまず、高度な火器管制装置とステルス性を備える、いわゆる「第5世代ジェット戦闘機」で、これまでに登場したのは米国のF―22とF―35、ロシアのSu―57と中国のJ―20の4機種だけと指摘。Su―57を除く3種はすでに実戦配備されていると紹介した。

4機種のうち、地上に置かれた形で公開展示されたのはF―22とF―35だけだ。Su―57は開発が遅かったので公開が遅れたことも不思議でないが、今年6月に公開されるパリ航空ショーには出展されるという。

特異なのは中国のJ―20で、これまで地上で公開されたことはなく、中国で開催された珠海航空ショーでは飛行する姿が公開されたが、ごくわずかだった。

記事は、J―20が地上公開されないのは、機密保持のためと主張。J―20は米国のF―22よりも遅く開発されたため、極秘技術が盛り込まれているのは確実で、F―22よりも「強い」戦闘機と論じた。記事はさらに、J―20は国家安全のための戦略的兵器であるので、国家が秘密を盗まれることを警戒して機密保持に全力を尽くすのは当然との見方を示した。

米国のF―22については、開発が始まった1990年代末には、「神話のような存在」であり、ほとんどの国にとっては機密を知っても利用できる状態になかったが、それでも米国がF―22を展示公開したのは実戦配備してから何年もたってからだったという。

記事はさらに、展示公開が比較的多いF―35については、「二流品」と酷評した上で、輸出を念頭に置いた戦闘機であり、そのためには「多く展示しても悪いことはない」と論じた。

一方で、J―20は輸出することを考えていないため、世界に向けてすばらしさを誇示する必要はなく、重要な場面で「一撃で相手を葬り、祖国を防衛する」ことだけに徹すればよいとした。

軍事兵器についてはどの国でも「秘密」の部分が多いのは当然だが、中国はとりわけ秘密主義の傾向が強い。米国などの場合、開発などについて予算獲得のために議会、さらに国民全体の理解を得る必要があるため、「公開できる部分は公開」との発想があるのに対し、中国は「どうしても公開する必要がなければ、公開しない」との考えになりがちとも解釈できる。(翻訳・編集/如月隼人)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング