「花粉株式会社」の謝罪会見動画、中国ネットでも話題に

Record China / 2019年3月9日 19時10分

写真

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の複数のアカウントが2月28日、昨年日本のネットで公開された「花粉による謝罪会見」のようすを転載した。日本で反響の大きかったこの動画は、中国ネットでも話題となっている。資料写真。

毎年春になると花粉に悩まされる人が多い日本では昨年、ネット上で「もし花粉が謝罪会見をしたら、こうなる」という「花粉による謝罪会見」の動画が公開され話題となった。2019年2月28日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の複数のアカウントが、この会見に中国語の字幕が付いた動画を転載し、中国ネットでも話題となっている。

動画では、「花粉株式会社」の経営陣(スギ、ヒノキ、ブタクサ)が、花粉症の人たちに謝罪。会見に集まった花粉症の記者たちは、「今年の飛散予測について知りたい」「花粉の飛散を森だけにとどめておくことはできないのか」などの質問を経営陣にぶつける。経営陣は、「今年はすこぶる調子が良く、多めの飛散を予想している」「風向きや風の強さについてはどうにもならない」などと回答。さらに、「そもそも人類の鼻がここまでもろいとは想定外だった」と釈明。これに怒った記者は「この鼻さえなければ会見を開く必要もない。でも鼻はこうして顔についている」と不満をあらわに。すると経営陣は、「そもそもわれわれを大量に植えたのは人間ではないか」と反論。記者たちはこれに返す言葉がなくなる。

この動画を見た中国のネットユーザーは「あはは!おもしろい」「ちょっとかわいいんだけど(笑)」「日本は空気がきれいだから、中国みたいに鍛えられてないんだよ」「クレイジーだな」「『われわれを大量に植えたのは人間』、これは確かに正論。反論できないな」などと反応している。

この他、「私も日本に来て花粉症になった!目はかゆい、くしゃみは止まらない、この時期は外に行きたくない」と訴えるコメントも見られた。(翻訳・編集/和田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング