アジア版「最も美しい顔100人」、ジェイ・チョウら台湾出身者に「中国国旗」で再び抗議の声―台湾

Record China / 2019年3月17日 19時0分

写真

16日、米映画情報サイトTC Candlerが発表したアジア版「最も美しい顔100人」で、台湾出身のタレントに依然として中国の国旗が表示されていることに、台湾のネット上では抗議の声が上がっている。

2019年3月16日、米映画情報サイトTC Candlerが発表したアジア版「最も美しい顔100人」で、台湾出身のタレントに依然として中国の国旗が表示されていることに、台湾のネット上では抗議の声が上がっている。

「世界で最も美しい顔100人」を毎年公開しているTC Candlerが16日、第1回となるアジア版の「最も美しい顔100人」ランキングを発表した。台湾からは、韓国の女性グループTWICEのメンバー、ツウィ(TzuYu/周子瑜)が最高位で、女性部門の4位に選ばれた。このほか、女性ではチェリストで女優のNana(ナナ/欧陽娜娜)、歌手の鬼鬼ことエマ・ウー(呉映潔)、男性ではミュージシャンのジェイ・チョウ(周杰倫)、俳優のエディ・ポン(彭于晏)やマーク・チャオ(趙又廷)が選ばれている。

アジア版「最も美しい顔100人」をめぐっては、先月ノミネートリストが発表された際、台湾からの候補者に中国の国旗が表示されていたことで、ネット上では「野蛮な行為」と批判の声が高まり、台湾の青天白日旗に入れ替えるよう多くの人が要求していた。しかし16日に公開された顔写真は、いずれも国籍表示は中国国旗のまま。このため台湾ではTC Candlerに対し、再び抗議の声が上がっている。

なお、昨年12月に発表された「世界で最も美しい顔100人」では、ツウィがアジア人トップの2位に選ばれたが、この時の国籍表示には青天白日旗が使用されていた。(Mathilda)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング