劇場版「ヒロアカ」、中国公開初日の興収は…日本のアニメ映画の人気は下火に?―中国メディア

Record China / 2019年3月18日 23時50分

写真

17日、中国メディアの界面は、「日本のアニメ映画の人気は下火になってしまったのか」とする記事を掲載した。写真は中国の映画館。

2019年3月17日、中国メディアの界面は、「日本のアニメ映画の人気は下火になってしまったのか」とする記事を掲載した。

記事はまず、中国で今月15日に公開された「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE~2人の英雄~」について、「日本では昨年3月8日に公開され、興行収入16億円を突破した。だが中国での勢いは『馬力不足』のようで、公開初日の興収は1045万元(約1億7300万円)だった。中国のオンライン映画チケット販売大手の猫眼によると、累計興収の予測は4000万元(約6億6400万円)で日本の半分にも満たない」と伝えた。

中国で日本のアニメ映画は興収1億元(約16億6100万円)を超えれば大ヒットと言われている。2015年公開の「STAND BY ME ドラえもん」の累計興収は5億元を突破し、16年の「君の名は。」は5億7500万元を記録した。

記事は、今年公開された日本のアニメ映画4作品のうち、今月7日に公開された「夏目友人帳」は公開9日で1億元を超えたものの、今年1月公開の「君の膵臓をたべたい」の累計興収は2388万5000元(約3億9600万円)で、今月8日公開の「マジンガーZ」も35万6000元(約591万円)にとどまっていることを紹介し、「興収成績は低迷していると言える」とした。

そして、中国の映画関係者が、日本映画について、「忠実なファンも一部にいるが、爆発的なヒットは難しい」とし、「STAND BY ME ドラえもん」や「君の名は。」の大ヒットは「天の時、地の利、人の和がそろったことによるもの」との見方を示していることを伝えた。

記事は一方で、「中国からも大ヒットが生まれている」と指摘。「君の名は。」の新海誠監督が、日本と中国のアニメ映画のレベルの差について、「日本のアニメ技術が中国のはるか先を行っているとは思えない。使用されているソフトウェアや技術面でも、日本とほとんど同じレベルに達している」と語ったことを紹介し、15年公開の中国国産アニメ映画「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」が累計興収9億5600万元を超える大ヒットとなったほか、今年1月公開の米中合作アニメ映画「白蛇:縁起(White Snake)」の累計興収も4億4800万元を記録したことなどを伝えた。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング