中国人の38%が睡眠障害、睡眠時間と認知症に密接な関係―中国メディア

Record China / 2019年3月21日 0時50分

写真

最新の疫学調査によると、中国人の38%が各種睡眠障害に悩んでおり、世界平均の27%を上回っていた。資料写真。

最新の疫学調査によると、中国人の38%が各種睡眠障害に悩んでおり、世界平均の27%を上回っていた。

ある研究によると、睡眠時間が短いと、認知症関連のタンパク質が影響を受ける。睡眠時間が6-7時間の場合、認知症関連のタンパク質の沈着が目に見えて増えることになる。6時間以下の場合、幾何級数的に増えるとともに、冠状動脈心臓病や脳卒中のリスクが11%高くなるとしている。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング