韓国のV.I事件、中国人の女が薬物使用認める、VIP客への販売疑惑は否認=中国ネット「恥さらし」「信じて損した」

Record China / 2019年3月20日 20時10分

写真

20日、韓国ボーイズグループ「BIGBANG」元メンバーのV.I(スンリ)が関連するクラブ「Burning Sun」で、VIP客に薬物を販売した疑いが持たれていた中国人の女が、薬物使用を認めたという。資料写真。

2019年3月20日、中国メディアの鳳凰網は、韓国ボーイズグループ「BIGBANG」元メンバーのV.I(スンリ)が関連するクラブ「Burning Sun」で、VIP客に薬物を販売した疑いが持たれていた中国人の女「Anna(エナ)」が、薬物使用を認めたと報じた。

韓国メディアの報道を引用して伝えたもので、ソウル地方警察庁広域捜査隊は19日、女の毛髪を精密検査した結果、エクスタシーとケタミンに対して陽性反応だったと明らかにした。女は調べに対し、クラブに誘致した中国人客と一緒に薬物を使用したことを認めたが、VIP客への薬物販売に関しては否認し、「中国人客が所持していたものだ」と主張しているという。

中国のネット上では「中国の恥さらし」「国籍剥奪しろ」「信じて損した」「本名をさらせ」「この女は、薬物使用はばれるのを知っているから認めて、薬物販売は薬物使用よりも罪が重いのを知っているから認めず、他人が持ち込んだと主張してるんだろ」などの声が上がっている。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング