韓国軍1.5億円ミサイル誤発射、原因は「整備員の過失」―中国メディア

Record China / 2019年3月24日 13時20分

写真

24日、中国メディアの参考消息網は、韓国江原道春川の空軍基地で18日に起きた地対空誘導弾「天弓」の整備中の誤発射について、原因は「整備員らの過失」だったと報じた。資料写真。

2019年3月24日、中国メディアの参考消息網は、韓国江原道春川の空軍基地で18日に起きた地対空誘導弾「天弓」の整備中の誤発射について、原因は「整備員らの過失」だったと報じた。

韓国・聯合ニュースの21日付報道を引用して伝えたところによると、韓国空軍は同日、春川の空軍基地で18日、地対空誘導弾「天弓」が整備中に誤って発射されたのは整備員らの過失によるものだったとする調査結果を発表した。

18日午前10時38分ごろ、整備員2人が発射台の年次検査の過程でケーブルの分離・接続手続きを守らなかったため、1発当たり15億ウォン(約1億5000万円)の天弓ミサイルが非正常な形で発射された。ミサイルは自動爆発システムによって約3.5秒後に空中爆発した。この過程で死傷者は出なかった。

韓国空軍は、「事故の責任者は問責委員会に引き渡されることになる」とした上で、「国民の皆さまにご心配をおかけして申し訳ない。再発防止に向けて最善を尽くしたい」とコメントしたという。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング