拾った宝くじが1100万円超の大当たり!落とし主「賞金分けて」、拾い主「嫌です」―中国

Record China / 2019年4月17日 12時20分

写真

中国である男性がごみ箱から拾ったロトくじが1100万円超の大当たりに。元の持ち主は賞金を分配しようと拾い主の男に交渉を持ちかけた。

中国紙・成都商報は15日、中国である男性がごみ箱から拾った宝くじ(ロト)が69万元(約1150万円)の大当たりになったニュースを報じた。

同日、四川省楽山市に住むシンさん(仮名)はロトの二等と三等の当たり、合計69万5000元(約1160万円)を手にした。税金を差し引いてもその額は55万8000元(約930万円)にのぼった。

話によると、宝くじを拾った日、シンさんは友人と夕食を食べに出かけていて、車から宝くじ売り場が見えたので立ち寄った。自分で番号を予想することがおっくうだった彼は近くにあった、不要になった宝くじが捨てられている箱から1枚拾い上げ、その番号と同じくじを1枚買おうとした。すると、店員からそのくじは抽選前の、まだ有効なくじだと告げられたという。シンさんはその場でさらに10元(約165円)を払って5枚のくじを購入し、売り場を離れた。その後、仕事が忙しく、結果を調べていなかったが、二日後になってその拾ったくじが当たっていることに気付いたという。

元の持ち主だった四川省楽山市に住む男性・呉さんとその家族は、紛失に気付いた後、再び同じ番号で買い直していたため、同じく69万元を手にした。しかし、呉さんはシンさんが拾ったくじについて「誤って捨ててしまった」とし、賞金の分配を求めている。

一方、シンさんは、「ごみ箱から拾ったんだ。(くじは)捨てられたと考えて当然だろう?間違って捨ててしまったと気づいたのならなぜその時に警察に連絡しなかったんだ。元の持ち主は、くじが当たったから損した気になってるだけ。もし仮に間違って捨てていなかったら、もう1枚買うことはなかったはず」とし、話し合いには応じない姿勢を示している。

これに対して中国のネットユーザーからは、「元の持ち主はどうせ一口分しか当たらない運命だったんだよ」とシンさんに賛成する声や、「『盗んでない、落とし物は拾った人のもの』か。…もし落としたのが財布や携帯でも同じことが言える?」と反対する声など、さまざまな声が寄せられている。

呉さんは、すでに何人かの弁護士に相談したが、返ってきたのは、「名前が書かれているわけでもないし、紛失届も出さなかったのでは法廷もどうしようもない」との答えだった。呉さんの父親は、致し方ないといった様子で「もしくじを落としていなかったとしても、どうせ一口分しか当たっていなかったんだ。今となってはそう考えるしかない」と話しているという。(翻訳・編集/岩谷)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング