「ルパン三世」のモンキー・パンチさん死去、中国ネットに哀悼のろうそく続々

Record China / 2019年4月17日 14時20分

写真

17日、「ルパン三世」で知られる漫画家モンキー・パンチさん(81)の訃報が中国にも伝えられた。資料写真。

2019年4月17日、「ルパン三世」で知られる漫画家モンキー・パンチさん(81)の訃報が中国にも伝えられた。中国のネットユーザーの間に悲しみが広がっている。

公式ウェブサイトによると、モンキー・パンチさんは今月11日、肺炎のため死去した。新浪娯楽の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは日本メディアの報道を引用し、「国民的漫画・アニメ『ルパン三世』の原作者が死去。同作品は1967年8月に連載が始まり、その後、アニメやゲーム、実写映画などになった。ご冥福をお祈りいたします」とツイート。他のアカウントも同氏の訃報を伝えており、中国のネットユーザーからは哀悼の意を示すろうそくのイラストが続々と寄せられている。

また、「『ルパン三世』は大好きな作品。とってもつらい」という書き込みの他、「お疲れさまでした。後のことはルパンに任せてゆっくり休んでください」「どうぞ安らかに」「永遠にルパンを愛しています」「ルパンを生み出してくれたことに感謝しています」「たくさんの人が、先生が紡いだストーリーを記憶しているはずです」などのメッセージも見られた。(翻訳・編集/野谷)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング