訪日台湾人がコンビニ駐車場に長時間無断駐車、でも日本ネットユーザーからは温かい声―台湾メディア

Record China / 2019年4月29日 0時0分

写真

26日、中時電子報は、訪日台湾人のマナー違反に台湾ネットユーザーから非難の声が上がったが、日本ネットユーザーからは温かいコメントが寄せられたことを伝えた。

2019年4月26日、中時電子報は、訪日台湾人がコンビニ駐車場に長時間無断駐車し、台湾ネットユーザーから非難の声が上がったが、日本ネットユーザーからは温かいコメントが寄せられたことを伝えた。

記事によると、最近日本を訪れた台湾人が、レンタカーを借りて東京から山梨県へ行き、富士山の絶景を撮ろうとスマホアプリを利用して有料駐車場を探し、駐車してからコンビニで水や食べ物を買おうとしたところ、コンビニの駐車場に警察官1人とコンビニの店員、レンタカー会社の社員が、5~6台の車の写真を撮るなどしているのを見かけたという。

そこで近づいて話を聞いてみると、「これらの車は家族旅行と思われる台湾人旅行者が借りたレンタカーで、コンビニの駐車場に半日以上駐車している」とのこと。そこで店長がレンタカー会社へ連絡したが、レンタカー会社は台湾人旅行者と連絡が取れず、警察に連絡するほかなく、駐車違反の張り紙をしていたのだという。

この状況を見かけた台湾人は、「駐車スペースを占用して、土地所有者から高額の罰金を請求されるのを日本で見たことがある。警察が来れば罰金だけでなくレッカー移動されてもおかしくはない。最も重要な事は、違法駐車した人は土地所有者や店長に対してきちんと謝罪をしなければならないということだ。日本ではこの行為が非常に重視されている」と紹介した。

この台湾人は「この種の恥ずかしい行為を、同じ国から来た旅行者がしているとは、あっけにとられる」と述べているが、台湾ネットユーザーからは「台湾での悪しき習慣を国外へ持っていき恥をさらすな」、「1粒のネズミの糞が鍋全体の粥を腐らす」、「台湾の交通違反の罰則が軽過ぎるからみんな何とも思わないのだ」、「この種のことは今後も発生すると思う」などのコメントが寄せられたと記事は紹介した。

しかし、日本ネットユーザーからは「日本人は、1人の行為だけで台湾人がみんなひどいとは考えない。どの国にも民度の低い人はいるものだ。1人の人間が国全体を代表するとは思わないし、自分がきちんとしていればいい。それに、日本人は台湾人のことが大好きだ」とのコメントが寄せられたことを伝えた。(翻訳・編集/山中)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング