年間休日わずか82日、天皇陛下はどんなお仕事をされているのか―台湾メディア

Record China / 2019年5月2日 12時10分

写真

1日、台湾メディアの中時電子報はこのほど、天皇陛下の仕事内容について伝える記事を掲載した。写真は皇居。

2019年5月1日、星島環球網によると、台湾メディアの中時電子報はこのほど、天皇陛下の仕事内容について伝える記事を掲載した。

記事はまず、天皇陛下(明仁さま)が4月30日、体力の衰えにより天皇としての役割を果たすのが難しいとして退位されたことを紹介し、「天皇陛下は普段、どんなお仕事をされているのか。どれほど多忙なのか。好奇心を抱かずにはいられない」とした。

そして、日本メディアの報道を引用し、「宮内庁によると、2015年の天皇陛下の休日はわずか82日だという。日本の労働者の平均年間休日は約113日とのことなので、それに比べるとだいぶ少ない」と紹介した。

記事は、天皇陛下の活動について、「国事行為などの公務」として、平成30年には年間約1000件もの内閣からの書類に目を通されたこと、外国元首と交換されたご親電の数は約556件に上ったこと、平成の30年間で地方訪問は計473回を数えることなどを紹介した。

ほかにも、「伝統文化の継承」として、毎年200株の田植えをなさり、収穫した米は11月の新嘗祭などの皇室の神事に使われることなども紹介した。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング