韓国アシアナのビジネス機内食から巨大な幼虫が!その後の対応にも批判の声

Record China / 2019年5月13日 11時50分

写真

9日、韓国・スポーツワールドは「アシアナのビジネス機内食から出てきた巨大な幼虫…顧客補償で波紋」と題する記事を掲載した。写真はアシアナ航空機。

2019年5月9日、韓国・スポーツワールドは「アシアナのビジネス機内食から出てきた巨大な幼虫…顧客補償で波紋」と題する記事を掲載した。

記事によると、Aさん(35)は先月20日、豪州シドニー発のアシアナOZ602便のビジネスクラスに搭乗した際、機内食で「牛肉のヒレステーキ」を注文したが、ソースに3センチほどの大きさの「羽根の付いた幼虫」が混ざっていた。Aさんがこれを伝えると、乗務員はすぐに機内食を回収。その後事務長が謝罪したという。

これについてAさんは「普段シドニー・韓国間を行き来する際にアシアナを利用していたのはサービスが良かったからだが、今回の件で失望した」と述べた。さらに「事務長は『本社への報告後にすぐ連絡する』と言ったがアシアナ側からは何のフィードバックもなかったため、自らアシアナの顧客満足チームに連絡した。すると翌日、機内食問題発生から5日後にようやく回答があった」と明らかにした。

アシアナ関係者はこれについて「わざと連絡を先送りしたり無視したわけではなく、関連省庁が正確な状況を把握し、補償水準を検討するために時間が必要だった」と説明している。その後、アシアナ側はメールを通じて「機内食の異物問題があったことを深くおわびする。当該内容と写真を機内乗務員から受け取り、豪ケータリング会社のヒレステーキから発見された異物が流入した経緯を調べている」と伝えたという。

Aさんは「座席をアップグレードしたマイルの払い戻し、または座席のアップグレード」などの補償を求めたが、アシアナ側は「補償は機内食に限って行われるべき」として受け入れなかった。代わりに5000マイルまたはTCV(バウチャー)10万ウォン(約1万円)を支給することを提案したが、今度はAさんが拒否。すると1万マイルまたはバウチャー20万ウォン、1万5000マイルまたは30万ウォンを提示したという。しかし8日現在でAさんとアシアナは合意に至っていないという。

これを受け、韓国のネット上では30~40代のユーザーを中心に「妥当な要求だと思うけど?」「それならわざわざお金払ってビジネスに乗る意味ある?。ひどい対応」「もしこれが五つ星ホテルの朝食だったら?。座席のアップグレードではなく数百万ウォンを払ってビジネス席を取った顧客だったら?。アップグレードした顧客だからひどい対応なのだろう。アップグレードしたマイルは払い戻すべき」「小さい虫どころか、羽付きのなかなか大きな虫だったんでしょ?」「目に見えるのでこの程度だとしたら、中はどれだけ非衛生的なんだろう」などアシアナ側への非難コメントが相次ぎ、中には「アシアナはこの間(昨年)機内食の納品会社を突然変えて、その後下請け会社の社長が自殺してたよね?。単価の値下げに踏み切って自分勝手に変えた」との指摘も。

一部ユーザーからは「大韓航空も同じ。エコノミーではあるけど、マレーシア~仁川区間でチンゲンサイからビニールの破片が出てきた。3週間かかって受けた補償は10万ウォンの航空優待券だった」「天井から水が垂れてきたから動画を撮って顧客センターに送ったことがある。当時飛行機の揺れと夕立がひどくて少し声を荒げてしまったが、その後は男性乗務員からの圧がすごくて何も言えなかった。後になって回答があって補償として5万ウォンのクーポン話が出たけど、もらうもらわないは自由みたいに言われて不愉快だった。それ以降アシアナは乗ってない」など体験談も寄せられている。(翻訳・編集/松村)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング