日本のサポーターが「感動」「泣ける」と称えた、北京国安サポーターのスポーツマンシップ

Record China / 2019年5月22日 21時50分

写真

中国紙・環球時報は22日、中国版ツイッター・微博アカウントで「日本のサポーターが北京国安のサポーターのアウェーでの姿勢に敬意を表した」とツイート。中国のネットユーザーからは称賛の声が相次いだ。資料写真。

中国紙・環球時報は22日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントで「日本のサポーターが北京国安のサポーターのアウェーでの姿勢に敬意を表した」とツイート。中国のネットユーザーからは称賛の声が相次いだ。

21日に行われたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループG最終節で、浦和レッズはホームの埼玉スタジアムで中国の北京国安と対戦し、3-0で勝利した。この試合で、北京国安のサポーターは横断幕や旗を掲げずに応援した。日本のあるツイッターユーザーが明かしたところによると、3月に北京国安のホームで行われた試合で浦和サポーターが横断幕や旗を規制されたことを受け、北京国安のサポーターが「フェアに闘いたい」と自発的に声と太鼓だけで応援することにしたという。試合後には「浦和レッズ」コールも送られたようだ。

環球時報はこうした経緯を紹介した上で、「敗れはしたものの、北京国安のサポーターのアウェーでの応援は、日本のサポーターたちの称賛を集めた」とし、日本のツイッターでつぶやかれたコメントを紹介。「国安サポさん、めっちゃ声出てました。お疲れさまでした。遠い浦和までありがとうございます」「北京国安サポーター、いい声だった。気持ちが入っていた」といった労いの声や、旗などを掲げなかったことについて「泣けてくる」「まさにフットボールフレンド」「こういうの感動する。もっと中国と仲良くなりたい」といった声があったことを伝えた。

中国のネットユーザーからも「(国安の)サポーターたちはよくやった。国の誇り」「チームよりサポーターの方が立派」と称える声が上がっている。(翻訳・編集/北田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング