「韓国の外交力が試される時」絆深める日米首脳に韓国から懸念の声

Record China / 2019年5月27日 14時20分

写真

27日、韓国・聯合ニュースTVは「日韓関係が過去最悪と言われている中で日米関係はよりいっそう強力なものになっている」とし、「韓国の外交力が試される時だ」と報じた。資料写真。

2019年5月27日、韓国・聯合ニュースTVは「日韓関係が過去最悪と言われている中で日米関係はよりいっそう強力なものになっている」とし、「韓国の外交力が試される時だ」と報じた。

韓国大統領府は来月末に行われる米韓首脳会談の議題について「朝鮮半島の完全なる非核化」と発表した。しかし記事は「対北朝鮮問題に集中したい韓国政府と異なり、トランプ大統領は同盟国としての役割を果たすよう求める可能性がある」とし、「特に中国・華為(ファーウェイ)に対する制裁への参加が議題に上がった場合は、企業間の取引に関わるため韓国政府が簡単に答えを出せない問題だ」との懸念を伝えている。また「徴用工判決問題により悪化した日本との関係改善を求める可能性もあり、韓国政府も日韓関係回復に向けて動いているが、効果は出ていない」と指摘している。

一方日本については、来日中のトランプ大統領が安倍晋三首相と共にゴルフや相撲観戦を楽しんだことを伝え、「安倍首相はトランプ大統領との絆をアピールし、北東アジア情勢の主導権を奪還しようとしている」と説明。さらに「安倍首相は日朝首脳会談の開催まで考えているが、非核化対話の仲裁者を自任してきた韓国政府としては喜べないニュースだ」とし、「結局は強大国の首脳が集まる来月末のG20首脳会議の前に、文大統領が(議題を一つに絞った)ワンポイント南北首脳会談を含む、外交力を発揮するための突破口を見出さなければならない」と伝えている。

これに、韓国のネットユーザーからは「安倍首相のように自国の利益のために働く首脳がうらやましい」との声をはじめ、「試される時だって?。この前の米韓首脳会談が2分で終わった時点で答えは出ている」「文大統領は2分だったのに、安倍首相とはゴルフもして相撲を見て…」「文大統領は金正恩(キム・ジョンウン)と、安倍首相はトランプ大統領と1日一緒に過ごして友情を深めている。これは非常に危険な状況だということを韓国国民はちゃんと認識すべき」「歴史問題と反日感情で国民を扇動している間に外交は後退しているが、韓国政府はそのことに気付いていない」など韓国の現状に対する懸念の声が数多く上がっている。(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング