訪日した韓国議員が“冷遇”に驚き、韓国メディアは「議会外交まで断絶の危機」と懸念

Record China / 2019年5月29日 21時40分

写真

29日、韓国・ファイナンシャルニュースは「悪化する日韓関係の支えとなっていた両国議会の外交までもが断絶の危機に直面している」と報じた。資料写真。

2019年5月29日、韓国・ファイナンシャルニュースは「悪化する日韓関係の支えとなっていた両国議会の外交までもが断絶の危機に直面している」と報じた。

記事によると、韓国の国会外交・統一委員会所属の議員5人は28日から1泊2日で東京を訪れた。しかし、日本の衆議院は面会を拒否。参議院も、対応したのは比例代表初当選の渡邉美樹・外交防衛委員長1人だけだった。さらに渡邉委員長は「文在寅(ムン・ジェイン)政権が終われば日韓関係が改善される」との趣旨の発言したという。

韓国の議員らは帰国前の会見で「日本に何度か来ているが、こんな冷遇は初めてだった」「日韓関係は過去最悪。コリアンパッシングが深刻な状況だ」などとし、「衆議院からも3、4人が参加すると考えていた。日本の議会ルートまで深刻な状況に達していると分かった」と説明した。さらに「『日本の(徴用工判決に関する)仲裁委員会設置要求を受け入れよ。韓国が拒否した場合は来月のG20会議での日韓首脳会談もない』というのが日本の議会の雰囲気だった」と話したという。

これを受け、記事は「7月の参議院選挙に向け、安倍内閣と自民党の『韓国叩き』はさらに強まるとみられる」とし、「来月の開催が予想される国会の日韓外交フォーラムでも成果は期待できないだろう」と伝えている。さらに、日本が中国や北朝鮮との関係改善には積極的であることを紹介し、「コリアバッシング(韓国叩き)を超え、コリアパッシング(韓国外し)が起きているようだ」と懸念している。

これに、韓国のネットユ-ザーからは「韓国はこれまでどんな屈辱外交をしてきた?こんな対応を受けるなんて」「日本だけじゃない。先進国は誰も会ってくれないから、文大統領はその他の国ばかり回っているじゃないか」「ついに韓国が国際社会から孤立するのか?」「当然。みんなが予想していたこと。今の文大統領の行動を見て、韓国を厚遇する国はない」など、現政権への厳しい声が数多く上がっている。

また、「朴槿恵(パク・クネ)政権のせいだ。慰安婦や徴用工判決に介入していたから」と前政権の責任を追及する声も。

一方で「韓国も同じようにすればいい」「韓国と外交断絶して困るのは日本の方」「日本に嫌われても生きていける。屈辱的な外交だけはしないで」などと主張する声も見られた。
(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング