イラン紙に原爆きのこ雲、「どうして米国を信用できる」=安倍首相イラン訪問で―中国紙

Record China / 2019年6月13日 11時30分

写真

13日、環球時報は、安倍晋三首相のイラン訪問に対してイランメディアが原爆の写真を掲げて「どうして米国を信じられるのか」と批判したことを報じた。

2019年6月13日、中国紙・環球時報などによると、安倍晋三首相のイラン訪問に対して、イランの地元紙が原爆の写真を掲載して「どうして米国を信じられるのか」と報じた。

安倍首相は12日にイランの首都テヘランに到着し、1978年の福田赳夫氏以来41年ぶり、79年にイランでイスラム革命が起きて以降では初となる日本の首相のイラン訪問を実現させた。

記事は、安倍首相が出発前の羽田空港で「緊張緩和のためにイランと率直に意見交換したい」と語ったこと、イラン政府高官が12日に「安倍首相にはイランと米国間の調停人となって、米国による原油制裁を緩和してもらうよう求めるつもりだ」と述べたことを紹介した。

一方で、「一部のイランメディアからは安倍首相の訪問に対する不満が出ている」とし、イラン紙Farheekhteganが12日に「安倍氏よ、どうしてあなたは戦争犯罪者を信じられるのか」と題する記事を掲載したことを伝えた。紙面には原爆のきのこ雲の画像が掲載され、「安倍首相は、かつて日本に原爆を投下した米国の話を信じ、米国とイランの関係を仲介しに来るべきではない」と論じている。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング