<サッカー>女子W杯で中国が決勝トーナメント進出、男子代表がやり玉に

Record China / 2019年6月18日 21時20分

写真

18日、環球網は、サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で、中国代表が決勝トーナメント進出を決めたことを伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2019年6月18日、環球網は、サッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で、中国代表が決勝トーナメント進出を決めたことを伝えた。

グループリーグB組の第3節で、中国はスペインと対戦し、全体的に劣勢の中で0-0の引き分けとなった。これにより、中国は勝ち点が4となりグループリーグ3位となったが、各組3位の成績上位4チームに入り、決勝トーナメントに進出した。

これに対し、中国のネットユーザーから「おめでとう!」「女子代表はよくやった!」「中国のサッカー精神は女子チームにある」「以前はサッカー女子代表について何とも思わなかったが、今は崇敬の念に打たれている」など、称賛するコメントが多く寄せられた。

一方で、「男子代表はこの試合を見てどう思うのだろう」「サッカー女子代表に見られる不屈の闘志が、サッカー男子代表には見られない」「中国サッカー男子代表は女子代表にも勝てないと思う」など、男子代表の近年のふがいなさを指摘するユーザーも多かった。

そのためか、「国はもっと女子代表の待遇を改善すべきだ」「男子に使っているお金を女子に回すべき。そうすれば浪費を防げる」「男子のためのお金の半分を女子に使えば、女子は優勝できるんじゃないかと思う」という意見もあった。(翻訳・編集/山中)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング